雨樋工事のタイミング

樋の傷む原因は『経年劣化』や『風や雪の影響』『落ち葉やゴミで樋が詰まりやすい環境』など様々です。

以下の症状が出ている場合は樋修理、交換のタイミングになりますので一度ご確認ください。

 

○ 継ぎ目がはずれている

○ 破損や変形

○ 金具がはずれている

○ ゴミ、落ち葉が溜まっている

 

あと、屋根にはしごをかける時に樋を押しつぶして変形したり割れてしまうこともあります。

訪問販売業者さんなど知らない人は屋根の上に登らせないようにしましょう。

もし雨樋がなかったら、壁は傷みやすく汚れやすく雨音がうるさくて仕方ありません。

雨樋の破損が自然災害によるものだった場合は火災保険の補償が効いて自己負担なく直せる場合がありますので、ぜひご相談下さい。